華琉(ケル)の犬生活♪

長男:華琉(ける)、長女:ソフィア、
次男:潤琉(おる)、次女:璃琉(りる)の記録。
<<|December 2017|>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
4dogs profile
華琉
◇なまえ
華琉(ケル)←詳細クリック
◇せいべつ
漢(♂)
◇たんじょうび
2006年7月1日
(戌年生まれの犬だぁ!)
けるのいぬせいかつ けるのせいちょうきろく 華琉の闘病生活 肥満細胞腫

sophia2.jpg
◇なまえ
ソフィア←詳細クリック
◇せいべつ
おにゃにゃのこ(♀)
◇たんじょうび
2007年1月6日
◇お空へ旅立った日
2014年9月13日
2807日間幸せいっぱいでした
そふぃあのいぬせいかつ そふぃあのせいちょうきろく ソフィアの闘病記録.png

潤琉
◇なまえ
潤琉(オル)←詳細クリック
◇せいべつ
ワンパクお坊ちゃま(♂)
◇たんじょうび
2008年6月9日
おるのいぬせいかつ おるのせいちょうきろく

璃琉
◇なまえ
璃琉(りる)←詳細クリック
◇せいべつ
おしとやかなお嬢様(♀)
◇たんじょうび
2011年8月29日
りるのいぬせいかつ
【tuba.be】
Dog site Links
Links

JUGEMテーマ:ペット



3月8日(水)

前記事で、この日のお見舞いで病理の結果を聞いたと書きましたが
実はもぅ1つ、獣医さんのクチから衝撃的な言葉を聞きました。

それは・・・


「今日、退院」


んーーーーーーーーーーーと・・・

今日は水曜日で、華琉が手術をしたのは先週の木曜で、入院は1週間〜10日間くらいの予定で・・・
我が家としては、10日の金曜あたりの退院で、翌日から2日間は土日で家に居るから
退院してすぐの華琉の様子も、それなら見ていられるから安心だね〜
な〜んて、勝手に想定していたんですけれども・・・


またもや、まさかの急展開?!


ま、連れて帰りましたけどね(笑)

華琉、めっちゃ嬉しそうに奥の入院室から登場してきましたけどね(笑)



だがしかし、華琉の退院は、いわゆる「完全寛解」とか「寛解」などという嬉しい状態でのものではない。
前記事で記したとおり、退院しても、数日後からすぐに注射による「抗がん剤治療」が始まるのだ。
もちろん、投薬による治療も退院したその日の晩から開始である。

という事で、病理検査の結果、今後のスケジュールに続き、
今晩から服用するお薬の説明を受ける。。。


以下、処方された薬(3/8夜〜3/11夜迄)を、1日2回(朝・夜)服用


■ファモチジン(白色)
 一錠/回
 効果:胃酸の分泌を抑える。胃炎や胃潰瘍の治療に用いる。


■パセトシン(オレンジ色)
 一錠/回
 効果:感染症を防ぐ。細菌の細胞壁を破壊し細菌を死滅させるはたらきのあるペニシリン型抗生物質。

 
■レスタミン(白色)
 一錠/回
 効果:アレルギー症状を抑える。 (ヒスタミン受容体ブロック)


■トランサミン(白色)
 1/2錠/回
 効果:止血剤。赤みや腫れをひく作用もある。



■サラゾピリン(土色) ※下痢をした時の頓服薬
 1/2錠/回
 効果:下痢止め


ネオフィリン(気管虚脱の薬)飲ませなくていい。※症状が出始めてしまったら再開する。




やっぱり家が一番落ち着いて寝られるな〜zzzZZZ

■ランキング参加しています。  →  どっかポチっと願います。
   にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ

posted by 華琉   [華琉の闘病記録] || [comments(0)]

JUGEMテーマ:ペット



3月8日(水)

いつものように華琉のお見舞いに行く。
18時ギリギリの滑り込み。

いつものようにお散歩へ連れ出し、いつものように帰ろ・・・

ちょ〜〜〜〜〜と待ったぁ!の看護婦さんからの呼び止め。

どうやら担当獣医さんからお話があるようで。。。

18時半過ぎ。診察に来ていた他の方々はみな帰られ、残るは我が家のみ。

あ〜こんな状況、ちょうど1週間前もそうだったよな・・・
デジャブかよ?!

獣医さんに呼ばれ、診察室へ。

獣医さん「病理検査の結果が出ましたので、お伝えします」と。



病理検査の結果


【下腹部腫瘤:肥満細胞腫グレード3】
  ・異型性…中程度
  ・核分裂像…やや多い
  ・核分裂指数…20

【鼠径リンパ節:転移病巣あり(占拠率50%)】
  ・原発箇所の再発、遠隔転移(リンパ節、肝臓、脾臓、バフィーコート(血液の血小板や白血球)などに関する
   厳重な経過観察が必要。)

脚(左足膝裏)のものは良性につき問題なし。






術後すぐの獣医さんの見立てから、非常に厳しい状況とは覚悟してはいたものの、
こうして病理検査の結果として紙で渡されちゃうと、ね・・・



で、今後の治療方針も決まりました。



☆抗癌剤治療が必要。3/12(日)からスタート。


抗癌剤スケジュール

<第一段階>

抗癌剤の種類【1種類】

1週間に1回×4回の静脈注射。

ここで再発が見受けられなければ、

2週間に1回×4回の静脈注射。

所要期間、3ヶ月。



ここで再発が見受けられなければ、一旦終了。


その後、再発があるようなら、


<第二段階>

2種類(上記抗癌剤と分子標的薬(トセラニブ)c-kit)の抗癌剤を上記スケジュールでの投薬となる。
その後も継続する必要ある。


※再発と判断される症状

・嘔吐。
・流血が止まらない。




内蔵への遠隔転移については、エコーやレントゲンをこの時点ではしていない為
確実な遠隔転移は明示されていません。
しかし、通常は抜糸が全て終わる頃から抗がん剤治療を始めたりするそうです。
何故なら、抗がん剤によって癌細胞は勿論ですが、当然の如く、健全な細胞も癌細胞と一緒に破壊されます。
それは骨髄に対してもいえる事で、骨髄は血液の元を造る大切な場所。。。
そこが攻撃されるという事は、術後間もない華琉にとっては相当のダメージとなります。


そんなに華琉には残された時間が無いって事なの?????


■ランキング参加しています。  →  どっかポチっと願います。
   にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ

posted by 華琉   [華琉の闘病記録] || [comments(2)]
▲ PAGE TOP