華琉(ケル)の犬生活♪

長男:華琉(ける)、長女:ソフィア、
次男:潤琉(おる)、次女:璃琉(りる)の記録。
<<|June 2017|>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
4dogs profile
華琉
◇なまえ
華琉(ケル)←詳細クリック
◇せいべつ
漢(♂)
◇たんじょうび
2006年7月1日
(戌年生まれの犬だぁ!)
けるのいぬせいかつ けるのせいちょうきろく 華琉の闘病生活 肥満細胞腫

sophia2.jpg
◇なまえ
ソフィア←詳細クリック
◇せいべつ
おにゃにゃのこ(♀)
◇たんじょうび
2007年1月6日
◇お空へ旅立った日
2014年9月13日
2807日間幸せいっぱいでした
そふぃあのいぬせいかつ そふぃあのせいちょうきろく ソフィアの闘病記録.png

潤琉
◇なまえ
潤琉(オル)←詳細クリック
◇せいべつ
ワンパクお坊ちゃま(♂)
◇たんじょうび
2008年6月9日
おるのいぬせいかつ おるのせいちょうきろく

璃琉
◇なまえ
璃琉(りる)←詳細クリック
◇せいべつ
おしとやかなお嬢様(♀)
◇たんじょうび
2011年8月29日
りるのいぬせいかつ
【tuba.be】
Dog site Links
Links
<< 華琉の闘病記録 4 〜告知〜 | main | 華琉の闘病記録 6 〜手術〜 >>

JUGEMテーマ:ペット




3月1日(水)PM16:15 華琉を預けている病院の前でTAKと落ち合う。

受付で名前を告げ、診察に来ていたほかの方達がみな終わるのを待つ。。。

ほどなくして待合室に残ったのは我が家のみ。
そして獣医師より診察室へ通される。

獣医師より、エコー、レントゲン、血液検査の結果を知らされる。
肥満細胞腫は、肝臓、すい臓、脾臓、リンパに転移しやすいということで、主にそれらの臓器を中心に検査が行われた。


肺・・・異常なし。
肝臓・・・肝臓に癌の影らしきものはなし。ただし、肝肥大および肝臓の形(三角形)の一部、三角の角にあたる部分が一部丸くなっている。
胆嚢・・・こちらも癌らしき影はなし。ただし、胆泥が少々見受けられる。
脾臓・・・若干の変形(肥大)が見受けられる。
膵臓・・・異常なし。
腸管リンパ・・・リンパ管に若干の変形あり。ただし、腸管リンパの腫れは、腸炎によっても起こりうるため、エコー画像からこれが癌によるものなのかの正確な判断はできない。

血液検査の結果
1)完全血球計算の結果
  HTC(ヘマトクリット)、WBC(総白血球数)、PLT(血小板概数)は、標準値以内。
2)血液化学検査
  ALB(アルブミン/グロブリン比)、ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)、ALKP(アルカルフォスファターゼ)この3項目において、高い値。

肝肥大は認められるが、血液検査の結果より、肝機能に重篤な問題はまだない。
ただし、この先、癌が転移すれば、一気に悪化する可能性大。

エコーの画像では、肥満細胞腫が臓器に転移しているとハチの巣状に影が映るそうだが、華琉の臓器にそういった影はひとつも見当たらなかった。

獣医師からの検査結果の通知は、ざっとこんな感じだった。

「それでは、現段階では内臓への転移はないということですか?」

こう聞くのが精いっぱいだった。。。

「いえ、エコーとレントゲン画像だけで、転移がありませんとは言い切れません…」
「グレード(癌のステージ)も、手術をして原発個所を切除し、それを病理検査に出さなければ判断できるものではありません。また、手術で原発個所の皮下や筋肉層などへ、どの程度の浸潤が見られるかも確認してみないと、現段階では、『肥満細胞腫』という癌です、としか言えないんです。」

人間だったら、手術前の検査で大体のことが判るというのに、なんで人間じゃなきゃわからないの?
正直、そう思いました。

頭の中で、言われた事を記憶しながら、それでも理解が追い付かない!と思っていると・・・


「血液検査からも、今の肝臓の状態なら手術には充分耐えられます。華琉君の場合、肥満細胞腫としても特異と思われるほどの速さで肥大増殖をしています。手術は1日も早いほうが良いと思います。いかがしますか?」
と、獣医師さんからの提案。


え?あ?んんん?

華琉の肥満細胞の進行の速さもさることながら、この展開も早すぎるでしょ〜〜〜〜〜!

そしてそこへ畳みかけるように

「明日!最速で明日、手術できます。というか、明日2件の手術がありますが、むりやりでもねじ込みます!」
「明日か明後日、その日を逃すと、あとは早くても3週間後くらいじゃないと、院長が海外出張で…」

ここで悪いと思いつつ口を挟む私。

「手術日を3週間遅らせて、なにか好転を望めることはありますか?」

「・・・メリットはなにもありません」


ここで私の気持ちは決まりました。

いたずらに手術日を遅らせて、今もし転移がなかったとしても、手術するころまでに転移してるかもしれない。
それが肝臓に転移でもしたら、手術自体できなくなってしまうかもしれない…
そう思ったら、一刻も早く、華琉の体から癌を取り除いてやりたいと思った。

が、こればかりは私の独断というわけにはいかない。
TAKの顔を見る。。。

じっと一点を見つめたまま、悩んだ顔をしている。

その理由はすぐに理解できた。

TAKは術中に亡くなったソフィアのことが、少なからずトラウマとして、いまだ心にシコリとして残っているのだ。

※ソフィアは術中に亡くなりましたが、それは医療過誤ではなく、ソフィアの体力の限界の問題でした。

だから私はTAKに即決を求めることができなかった。
獣医師も、そんな事情を知っているので、ただ黙ってTAKの言葉を待ってくれた。
が、私が沈黙に耐えられなかった。
TAKに外へ出て頭を冷やし、冷静になって「今何をすべきか」よく考えて結論を出して診察室に戻ってきてといいました。

おそらく普通なら「はい、じゃ、今日は帰ってよく考えて、考えがまとまったら連絡してくださいね」で帰されるのでしょう。
でも獣医師は、TAKが戻ってくるのを私と一緒に待ってくれました。

少ししてTAKが診察室へ戻ってきました。

「どうする?」そう聞こうとするまもなく

「はい!先生、明日、華琉をお願いします!」
TAKは意を決し、ハッキリと、そして丁寧にお辞儀をしながら手術のお願いをしました。

私はホッとしながらも、TAKのトラウマを押し殺してまでのその決意に
身内でありながら「華琉のために決意してくれて、ありがとう」って心の中で言いました。


こうして華琉の肥満細胞腫の原発個所の切除手術の日が「3月2日」に決定しました。




・・・。お腹切るって、誰が?
まさかボクじゃないよね?!
余談になりますが・・・

手術が翌日と決まり、それならきょうはもぅ時間も遅いし
(病院は受付18時までなのに、この時点で20時近くになっていた)
外は雨だし、今日連れ帰って、また明日朝9時に連れてくると
華琉の体力も無駄に消費するだろうからと思い
「今日はこのまま華琉を置いて帰ります」と言いました。

が!
先生から
「今日はつれて帰ってください!」と!!!

そんな殺生な〜

私「いや、置いて帰ったほうが、華琉のた▽◇#$%&’※・・・」

先生「いえいえ、今日は大好きなお家でゆっくりして、夜は華琉君の好きなものを好きなだけ食べさせてあげてくださいね(^^♪」


私・TAK「え、あ、はい…それじゃ、明日また朝9時に連れてきますので、宜しくお願い致します。。。」

そういって病院を後にしました。


帰宅して、TAKと私、先生の言葉に不安になった。。。

「大好きなお家でゆっくり・・・」
「今夜は好きなものを好きなだけ食べて・・・」

今生の別れみたいじゃん!!!

多分、先生としては、手術入院したらしばしお家に帰れないし、病院食しか食べられないからって意味だったんだと思うけど・・・


デキモノからの癌発見、からの手術と、急すぎるほどの急展開に、まじで一番考えたくないことまで考えちゃったわよ!
■ランキング参加しています。  →  どっかポチっと願います。
   にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ

posted by 華琉   [華琉の闘病記録] || [comments(0)]
Comments