華琉(ケル)の犬生活♪

長男:華琉(ける)、長女:ソフィア、
次男:潤琉(おる)、次女:璃琉(りる)の記録。
<<|December 2017|>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
4dogs profile
華琉
◇なまえ
華琉(ケル)←詳細クリック
◇せいべつ
漢(♂)
◇たんじょうび
2006年7月1日
(戌年生まれの犬だぁ!)
けるのいぬせいかつ けるのせいちょうきろく 華琉の闘病生活 肥満細胞腫

sophia2.jpg
◇なまえ
ソフィア←詳細クリック
◇せいべつ
おにゃにゃのこ(♀)
◇たんじょうび
2007年1月6日
◇お空へ旅立った日
2014年9月13日
2807日間幸せいっぱいでした
そふぃあのいぬせいかつ そふぃあのせいちょうきろく ソフィアの闘病記録.png

潤琉
◇なまえ
潤琉(オル)←詳細クリック
◇せいべつ
ワンパクお坊ちゃま(♂)
◇たんじょうび
2008年6月9日
おるのいぬせいかつ おるのせいちょうきろく

璃琉
◇なまえ
璃琉(りる)←詳細クリック
◇せいべつ
おしとやかなお嬢様(♀)
◇たんじょうび
2011年8月29日
りるのいぬせいかつ
【tuba.be】
Dog site Links
Links
<< 新種生物?! (笑) | main | 3回忌 〜ソフィア〜 >>

  

JUGEMテーマ:犬の多頭飼い




潤琉。
私の大切な家族。
産んでこそないが、私の大切な息仔。

9/3(土)の夕方16:53に
またてんかんと思わしき発作を起こしました。



ボク、またなんかおかしくなっちゃったの・・・


今回もまた、本当に突然に。

この日は、休日だし雨も降ってないし、
まだ少し暑いけど遅くならないうちにと
みんなでいつものドッグランへ遊びに行きました。

さすがに少し暑さが残っていたからか、あまり多くのワン友さんもいなかったけれど
安定の仲良しさん、今では幼馴染と言っても過言ではない「ダッ子ちゃん」もいたので、
まった〜り穏やかに時間を過ごしていました。
そのうちパラパラと見知った顔のお友ワンさん達も来たりして賑やかになってきました。


我が家のワンズは?




えぇ、相も変わらず、ドッグランのオブジェ化してましたがね(笑)



そして私が何気なく、反対側の壁側のベンチに置いたお散歩バッグを取りに、立ちあがり歩き出した直後でした。

TAKはワンズの写真を撮るため、私やワンズから少し離れた場所からレンズ越しにこちらを見ていたのですが
そのTAKが「おいっ!潤琉が!」と叫んですっ飛んできたのです。
私は背後での突然のTAKの叫びに、一瞬なにがなんだか解らず、でも咄嗟に振り返りました。


すると・・・



大変ですの!大変ですの!潤琉兄ちゃまが大変ですの!急いでママに知らせなきゃですの!



私の真後ろで、潤琉はしゃがみこみ、TAKは潤琉に声かけをしている光景が…
すぐに抱き上げ、意識があるのを確認してから、撫でながら痙攣の箇所や体の硬直がないかを確認…
ただひたすら発作が治まるのを待ちました。


・意識はハッキリあり、視点もしっかりしている。
・体の震えは前回ほど大きな震えでない。
しかし小刻みにガタガタ震えるような感じではない。
・後ろ足の硬直は痙攣よりもはやく治まり、震えが治まるのを待つ間にも足を踏ん張って見せたくらいだった。
・前え足は硬直よりもむしろタランと力なく脱力した感じだった。
・発作の時間は、5分程度
・ヨダレはやはり発作後も多かった。
・事後気がついたが、発作前もヨダレが多かった(気がする)。
(外が暑かったので、熱中症にならないようにと意識的に水を飲ませていた為、それで胸のフリンジが濡れてる?とか、暑くてハァハァしてヨダレが出た?と思っていたが、事後総合的に考えると、やはり発作前の兆候だったかとも思われて仕方ない)



どうやら、私が立ち上がり移動するのを追いかけてきて
その途中でいきなり腰が砕けたようにお尻を落とし、痙攣が始まったようでした。

TAKは、潤琉の状態をムービーで撮影してくれていました。

傍から見ると、「大事な我が仔が発作の時になにやってんだよ!」と思われがちですが
これ実はとても大事な事なのです。

発作は都合よく獣医さんの目の前で起きません。
ですから、元気な時に診察に行っても、獣医さんは飼い主からの話でしか判断できません。
獣医さんはたくさんの症例、経験等から病気の判断をされますが、
飼い主からしたら初めてみるそれは、よほどの知識がなければ、衝撃的で大変な事に映ります。
なので、そこに獣医さんと飼い主との間で「温度差」のようなものが生じてしまいます。
しかし、実際にその状態が映像としてあれば、同じ状態を正確に伝える事が出来て
より正確に獣医さんに診てもらえるのです。
(私達が見逃して伝えきれていない状態や、また、獣医さんとしての見方等。。。)
そうすれば、それがてんかんか、他の病気が起因する可能性があるのか、
または、今後の治療方針等にもとても有効になるという訳なのです。

だからTAKは潤琉が発作の時に、ムービーを撮り続けてくれていました。
TAK、ありがとう。

時間にしておそらく5分もなかったのですが、やはりなにもしてあげられないその時間は、とても長く感じました…

発作が治まってしまえば、本犬はケロッとしているのですが、
やはり心配なので、そのままドッグランを後に帰宅しました。


ドッグランで潤琉の発作に直面し、心配かけてしまったお友達には、次回会ったらお詫びしなくちゃ。
みんな〜心配かけてしまって、ごめんなさい!
潤琉、とりあえず落ち着いてます。



みなしゃん、心配かけてごめんなさいでした!


家に帰って来てからも、やはり何事もなかったかのようにケロッとしている潤琉。

ご飯もいつも通り食べて、ゆっくり睡眠もとり…

本当に変わらない日常に戻っています。


てんかんについて色々調べました。

前回より発作の症状は軽そうに見えましたが、そこはやはり素人判断の域でしかありません。
また、前回の発作から半月足らずでの2度目の発作。
本当ならば、直ぐにでも病院に行くべきなのでしょう。

けれど、症状が軽度であれ、このスパンでの発作なら、まず投薬を勧められるでしょう。

なので、あと一回、あと一回だけ、次の発作が出るまで投薬を開始せず、様子を見ることにしました。

もしかしたらこの判断は、みる人によっては「ありえない!」と思われるかも知れない。。。
でも、今回の発作はたまたま早く来ただけで、次は1年後かも知れない。。。
だとしたら、一生飲み続けなくちゃならない薬を始めるには、あと一度の猶予があっても良いような気がするのだ。


解っています。
頭では解っているんです。
次の1回の発作が、もしかしたら命取りになるような大発作かも知れないって事も…
薬を早く始めた方が、病気の進行を押さえられる事も、発作を押さえるのに有効だという事も…
そして、それが潤琉の為だって事も、百も承知してます。

だけどね…

やっぱり怖いんです。

我が仔が「薬から離れられない生き方」になる事が。。。

ソフィアは長年薬を飲み続けていた。。。
その薬の副作用の一端が、もしかしたら肝細胞癌の要因になっていたんじゃないかって
そんな気持ちがいまだに心にモヤモヤと残っているから。。。
(副作用については、きちんと1ヶ月に1度の診察と血液検査などの適切な検査を受け
 内臓にダメージをきたさないようにと、細心の注意をしてはいたつもりでしたが)


色々調べていて、癲癇の脳に
「脂質・糖質・ビタミンb・カルシウム・マグネシウム」
が有効と出ていたのを見ました。

薬を始める前に、これらを積極的に摂取する事で発作を最小限に抑えられないかな・・・?

薬じゃないから即効性なんてないだろし、その効果だって明確に確認なんてできないけど。。。

何もしないより、良いと言われる事はしてみようと思います。

ビタミンやミネラルは、その栄養素に特化した食材を摂るようにしてもなかなか要求量を満たすことは難しいので
そこは仕方ない、「サプリメント」を使う事にしました。

(私、基本的に栄養素はバランスの良い食事から摂取するべきと言う思考の持ち主なので
 サプリメントという物をあまり使用したくないんだけれども・・・)

「脂質・糖質」については、食事やおやつで充分に摂取できるとフンでます。

なので、後はそれらを潤琉が摂取するタイミング、だな〜

食事として摂取すればよいのか、食事以外の時間帯にそれらを摂取した方が良いのか・・・

あ!
潤琉、デブぽちゃなんだよな〜
糖質・脂質の摂取も、ただ脳に良いからとホイホイあげる訳にもいかないなぁ〜

あ、「糖質・脂質」と「ビタミン・ミネラル」系は、同じタイミングで摂取した方がいいのかな?
それとも、消化してそれら栄養素が血中に入り、体内を循環して・・・とか
そういうところまで色々勉強していかないと、摂取する栄養素の脳への効果ないのかなぁ・・・?


ぬぉぉぉおおおおおおおおおお!


色々勉強しなくちゃ!!! 
 (頭から煙が出て来ちゃいそうw)


潤琉、てんかんなんかに負けるなよ!!!






〜〜〜 お願いします! 〜〜〜

「餅は餅屋」と言います。
病気の事は、やはり獣医さんにお願いするのが一番である事も、よ〜く理解しています。
そして、私もTAKも、現在我が家のワンズ達がお世話になっている病院には、全幅の信頼を置いています。
が、やはり潤琉のそばにいつもいて、メンタルからもサポートできるのは私とTAKだけと考えています。
ですので、できるなら、常日頃から出来る事「ケア」と言うものがあれば、
こんな事したら、発作回数が減ったみたいだよ!とか、
こんなふうにしたら、発作の症状が軽減したみたいだよ!とか
「民間療法」とかそういうの、ご存知でしたら、ぜひ、教えてください!
よろしくお願いいたします。
■ランキング参加しています。  →  どっかポチっと願います。
   にほんブログ村 犬ブログへ にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活(がん)へ

posted by 華琉   [潤琉の犬生活] || [comments(0)]
Comments